元警察官、元介護士、現看護学生のブログ

転職複数回30代男性のけーが、警察官や介護士、看護学校受験を目指す方を応援する、就活・転職支援ブログです。気になるニュースの紹介も。

警察から介護業界へ転職する際の4つのメリット、デメリット①

皆さんこんにちは。

けーです。

 

本日から数回にわたり、警察官から介護士へ転職するにあたっての、メリット、デメリットを記事にしようと思います。今回は1つ目のメリットについてです。

もちろん、人それぞれ感じ方は違うと思うので、この記事の内容に反論もあるかと思います。あくまでも、一個人の転職体験談としてご覧頂ければと思います。

このシリーズ(?)では私が警察官から介護士へ転職して感じたメリット、デメリットをそのまま載せていこうと思います。細かく見ていくとキリがないので、特に私が感じたことを4つずつを順次記事にしていこうと思います。

警察官を辞めたいけど、次の仕事どうしよう~~ なんて方に、少しでも転職活動の参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

f:id:k8899:20181124102004j:plain

 

メリット①転職がしやすい

 もうね、一番のメリットはこれですww よほどのことが無い限り、就職できますwww ほんっとに簡単に就職先が決定しますwww

日本ていう国は、新卒一括採用で長くやってきて、最近は転職に関しても寛容にはなりつつあると思いますが、それでもやはり新卒というカードは強くて、転職者に対してはレッテルを貼りがちだと思います。特に警察官に関してはねww

で、20代のうちに複数回転職していたり、30半ばすぎて特に目立つ資格無しだったり、40、50代で未経験の業界に転職とか、、、厳しいとは思うんですよ、一般的にね。

年齢があがるにつれて、未経験の業界に行くのは、就職活動が難航する傾向にあると思います。

 

しかし!!

 

介護業界は別なんですww

 

本当にww

 

書類審査で落ちることなんて、よっぽどないと思いますし、面接でもよっぽどヤバイ奴だと思われない限り、採用してもらえます。

 

なんでかって?

 

人手不足の業界で、なおかつ特に資格とか無しに仕事ができるからですよwww 介護福祉士という資格がなくても、介護士として働くことができますので。

『介護士』と『介護福祉士』の違いは、資格を持っているか持っていないかの違いです。資格を持っていない人が介護福祉士を名乗ることは出来ませんが、介護の仕事はできます。介護の仕事をしている人のことを介護士と呼んでいるだけのことです。

 

 

 

人手不足といえば、保育士!!保育士という仕事は資格が無いと仕事が出来ません。しかし、保育士はちゃんと学校通って資格取っているにもかかわらず、給料が安い、時間外業務が多い、ってことで離職する人が多いですよね。ちゃんと資格持ってるのに。資格がない人は保育士として働けません。無認可託児所はどうなってるか知りませんが・・・。

 

介護士にも、介護福祉士という国家資格があります。この介護福祉士という資格を持っていないと採用してくれないとこもあります。介護福祉士を持っていれば、毎月の給与に資格手当ということで、数万円アップしてくれるとこもあります。

 

しかし!!

 

現に人手不足の介護業界は、とにかく人、人、人が必要なんです!!無資格者でもいいからね。

介護士を確保できないから事業所が閉鎖してしまうという話も珍しくありません。

特別養護老人ホームに入居するために、高齢者が順番待ちというニュースをたまに聞くと思います。よっぽど、特別養護老人ホームの数が足りていないのかと考えますよね?特別養護老人ホームの数が足りていない地域もあるかと思いますが、介護士の人数を確保できず、運営ができない。その結果、高齢者を受け入れることができないということにつながります。

そのため、運営側としては、とにかく介護士をやってくれる人だったら、誰でもいいから採用したいというのがホンネです。

現に、私が働いていた特養では、応募してきた人全員採用していました。ほんとに。人事に聞いたので間違いないです。

 

介護業界は、よほどのことが無い限り、無資格、未経験、転職複数回、高年齢でも採用してくれますw

 

ただし、応募の段階で条件欄に「要介護福祉士」といった、資格を持っているのが応募の条件にしているところもありますので、そういったところは採用が厳しいかなぁと思います。

ただ、そういった事業所の中でも、「介護福祉士を持っているのが望ましいけど、人手不足だからちゃんとした人だったら採用したい」というところがあってもおかしくないかなぁと思います。実際、私が勤務していた特養は採用条件の学歴で高卒以上をあげていましたが、中卒の人も職員にいました。もちろん、断られるときは断られると思いますけどw

ですので、求人の募集要項欄に「要介護福祉士」と記載があっても、その場で諦めてしまうのではなくて、とりあえず採用担当者に連絡してみるというのもアリかなぁと思います。ダメだったらダメで次の求人探せばいいだけですからね。

で、こういった「要介護福祉士」を掲げている事業所は給与が良いところが多いです。ですので、給与が良いところに務めたいとお考えの方はこういったチャンスを見逃さず、ダメ元で、資格は無いけど、応募してみるぐらいの熱意は必要だと思います。良い給料欲しいんだったらね。 

 

 

今回の記事はこれで締めようと思います。

次回以降は、、、

 

 

 

2,メリット②今後も需要がある業界

3,メリット③再就職もしやすい

4,メリット④仕事上の出費がほぼ無い

5,デメリット①給与水準が低い★★介護業界の高給与の探し方★★ 

 6,デメリット②離職が多い

 7,デメリット③まったくの未経験

 8,デメリット④職場の人間関係

 

 

 

以上の順で記事にしていこうと思います。

 

 

 

警察官から介護士への転職をお考えの方の参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

◆続編です!

2,メリット②今後も需要がある業界 

www.moto-police.com

 

ブログ村参加しています。「このブログに投票」して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ