岐阜県警岐阜北署=岐阜市上土居2丁目

写真拡大

 岐阜県警岐阜北署の20代の女性巡査長が7月、一般道で公用車を時速100キロ以上で運転し、道路交通法違反(速度超過)の疑いで書類送検されていたことが4日、捜査関係者への取材でわかった。

 巡査長は10月1日付で所属長による訓戒処分を受けた。

 捜査関係者によると、巡査長は7月6日昼、岐阜市内の一般道で公用車を1人で運転。法定速度の時速60キロを大幅に超える100キロ以上だった疑いがある。公用車は中央分離帯に接触し、横転。巡査長は署に向かう途中で、巻き込まれた人はいなかった。緊急走行中ではなかったという。

 県警は、警察庁の処分発表の指針に基づいたとして、事故の詳細や処分について公表していない。

 

えっ!!!?