元警察官、元介護士、現看護学生のブログ

転職複数回30代男性のけーが、警察官や介護士、看護学校受験を目指す方を応援する、就活・転職支援ブログです。気になるニュースの紹介も。

公務員に就職すれば安心、安泰?

 

今日は警察官、公務員を目指そうとしている学生へ向けた記事です。
くれぐれも言っておきますが、公務員を目指すなと言ってるわけではないです。
「公務員になりさえすれば安泰」 という考え方をするなと言いたいだけです。

f:id:k8899:20191023223728j:plain

〜〜目次〜〜

 

1,公務員の内定こそ正解?

就活生の多くは公務員に入りたがります。
それに関しては何も言う気がないです。 自分で考え、志望する就職先に対して 他人がどうこう言う必要はないからですね。
しかし「なんで公務員になりたいの?」 と聞くと、多くの人は 「公務員だと安定している」 「自分のキャリアを考えると公務員しかない」 などと答える。
本当にそうでしょうか?
公務員は安定していると言い切れる理由は どこにあるのだろうか。 公務員に入社すれば、 未来永劫終身雇用は可能なのでしょうか。
答えは限りなく「NO」に近いでしょう。
なんと言えど TOYOTAの豊田会長や経団連の中西会長が 「終身雇用難しい」と発言しています。 この事実こそが これ以上語る必要性を奪ってくれています。公務員も現在は大丈夫ですが、この先も大丈夫であるという保証はありません。

 

では、終身雇用なんてものがなくなっていて 「安定」を理由にしにくい中で、公務員に就職する理由って何だろう。と考えた時に出てくるのが 2つ目の回答であります。「自分のキャリアを考えると公務員しかない」 という答えではないでしょうか。

 

 

2,成長の近道は本当に公務員?

f:id:k8899:20190922105131j:plain


「キャリアを考えたら公務員!」
「公務員に内定できれば、色んなことに挑戦できる!」
ここからさらに細かな理由が付くならば まだしも、多くの人がここで考えを止めます。 「キャリアを考えたら公務員!」 は本当にキャリアについて 考えられているでしょうか?

 

次に「公務員なら挑戦できる!」 という発想ですが、本当にそうか少し考えて欲しいものです。 公務員となると職員規模は数百人から 数千人くらいだと思います。 いくら公的資金があると言えど、全員に挑戦的で ワクワクできるような仕事をさせることは ほぼ不可能ではないでしょうか。
そうなると、挑戦的な仕事できる人間は 情熱的な人材か 社内でそこそこの地位を築いている者 だけになると思います。
そうなると挑戦する権利を得るために 多くの時間を費やさないといけません。 だったら社員規模の小さいベンチャー企業を 是非オススメします。 当然ですが、社内でのライバルが少ないほうが 面白い仕事を振ってもらえる可能性 も膨らむと思います。
挑戦できる!経験を積める! と言った理由で公務員を志望しているなら 一度、公務員以外の方がスピード感を持って 経験を積むチャンスを得られるのでは? と疑問を持って視野を広げてみてほしいものです。

 

 

3,最後に

f:id:k8899:20191016061919j:plain

公務員という肩書が欲しくて就職するような人は、自分のキャリアについて考えていないと思います。肩書だけにステータスを感じています! と宣言しているようなものだから私はやめといた方がいいと思う。 充実した日々を送れているイメージが できない。

「就社」ばかりに必死になるのではなく 「就職」について考えよう。 「就職先」の事以上に 「職」について考えてみませんか。

ブログ村参加しています。「このブログに投票」して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ