元警察官けいのブログ

転職複数回30代男性のけいが、警察官や介護士、看護学校受験を目指す方を応援する、就活・転職支援ブログです。

真夏の勤務に必須の肌着(インナー)とは?【交番警察官に必須】

皆にさんこんにちは!
元警察官のけいです。

本日は真夏の勤務にオススメの肌着(インナーシャツ)のご紹介です!
たかが肌着、されど肌着!!ってことで、警察官にとって肌着はめちゃ大事な仕事の相棒なんです!!
理由とオススメ商品を順に紹介していきます。
これから警察官になる方や、警察官へのプレゼントにいかがでしょうか!

f:id:k8899:20200329182846j:plain
〜〜目次〜〜

 

 

1,なぜ肌着にこだわるのか?

f:id:k8899:20200316214647j:plain

なぜ肌着をわざわざ仕事のために買うのか?

それには理由があります。

肌着の質が働いている警察官の快適さを左右するからです!!

大げさかと思われる方もみえるかもしれませんが、決して大げさな話ではありません。

高品質の肌着を身につけるのはとても大切なことです。

たとえば!!

地域課の交番勤務の警察官の仕事として、交通事故発生後の事情聴取や、交通整備があります。

真夏の炎天下の中、へたしたら1時間ずっと立ちっぱなしなんてことも全然ありえます。

もう汗が滝のように出てきます。

実話ですw まぁ、私の体験談なんですけどねw

想像に難しくないと思います。

警察官というのはそういう仕事ですからねw

で、1時間ぐらい交通事故の処理に時間がかかって、終わった頃には超汗だく。

f:id:k8899:20200329182405j:plain


めちゃくちゃ気持ちが悪いです、これ。

汗で肌着がべちゃ〜って湿ってるんですからねw

これが気持ち悪くないという人はあまりいないと思います。

で、交番に行ってすぐに着替えられるかといったら、必ずしもそうではありません。

1時間事故処理にかかったと思ったら、今度は被害届の受理に行かなくてはならない!!なんてことも日常茶飯事なのが、交番警察官の仕事です。

当たり前ですよね!

困った人がいたら、すぐに駆けつけるのが警察官の仕事ですから。

汗でベチャベチャにしめった肌着を着て、次の現場にむかわなければならないというわけです。

これ、マジでめちゃくちゃ気持ち悪いですからね(苦笑)

速乾性の肌着を着ていれば、まだ少しはマシですが、乾きの悪い肌着を着ていたら、ずっと汗でベチャベチャになった肌着を着ているはめになるわけですから。

最悪ですねw

ちゃんと、速乾性の肌着を買いましょう。

気持ち悪いだけではなく、汗が冷えて夏風邪をひくということもありえますからね。

肌着はちゃんと速乾性のものを着たほうがいいです。

f:id:k8899:20200329180632j:plain

それでは私がオススメする肌着を紹介します。

2,元警察官の私がオススメする、真夏用の肌着はコレ!!

 

 

こちらの商品はAmazonの肌着部門で1位になったものです。

値段が安いですね!!

5枚組でこの値段は良心的!!

重要な点はVネックであることです。警察官の夏服はネクタイ無しで、シャツの上のボタンはありません。

つまりは、丸首、クルーネックタイプの肌着を着ていると、外から肌着が見えてしまって、だらしな印象になってしまいます。

というか、そもそもVネックシャツを着ろ!!と言われます。

私は警察官当時、言われていました。

で、地域課勤務というのは、当番日の朝7時くらいから警察署に行って、翌日の昼近くまで勤務しなければなりません。

そしたら肌着が一枚で足りるかといったら、そんなことないですよね。

汗かいたら着替えたいですよね。

それに、ずっと同じ肌着を着ていたら臭くなってしまいます。

複数枚持っていても、全く問題というわけです。

むしろ、複数枚持っていないと、気持ち悪くて仕事なんてやっていられません。

 

 

◆関連記事はこちらから 

www.moto-police.com

www.moto-police.com

 

ブログ村参加しています。「このブログに投票」して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ