元警察官、元介護士、現看護学生のブログ

転職複数回30代男性のけーが、警察官や介護士、看護学校受験を目指す方を応援する、就活・転職支援ブログです。気になるニュースの紹介も。

樋田淳也、最新ニュース!

いまだに逃走を続ける樋田淳也容疑者に関するニュースをまとめました。

 

~~目次~~

 

 

1,カレンダーに逃走日を印!?

www.sankei.com

 

以下リンク先の引用です。

 

大阪府警富田林署の面会室から男が逃走した事件で、指名手配されている樋田淳也容疑者(30)が書いたとみられるカレンダー形式のメモ上で、逃走当日の12日に印がつけられていたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。メモには当直担当者の名前も記されており、監視の緩い担当者の日を狙って逃走を決行した疑いがある。

 捜査関係者によると、府警がこのメモを見つけたのは樋田容疑者の逃走から少なくとも1週間後だった。メモは樋田容疑者の居室のトイレ近くで折りたたまれた状態で見つかった。当初の捜査では発見できず、その後の点検で存在を把握したという。

 メモには8月のカレンダーが手書きされ、3日ごとに留置業務を担当する署員の当直シフトが記入されていた。特定の署員の名前には印がつけられ、12日の担当者にも印がついていた。

 これまでの調べで、樋田容疑者が面会に来た弁護士に先に退出するよう促し、1人きりになる時間をつくっていたことが明らかになっている。こうした工作に加え、当直シフトのメモは、監視の甘くなるタイミングを見計らうためのものだったともいえ、樋田容疑者が12日を決行日と定めて、計画的に逃走を図った疑いが強まっている。

 樋田容疑者は12日午後7時半ごろ、富田林署2階の面会室で弁護士と接見。同8時ごろに弁護士が退出した後、面会室のアクリル板を蹴破り、同署の裏口から逃走した。

 

2,監視が甘い署員を把握!?

www.sankei.com

 

以下引用です。

大阪府警富田林署の面会室から男が逃走した事件で、指名手配されている樋(ひ)田(だ)淳也容疑者(30)が勾留されていた留置場内から、複数の当直担当者の名前が書かれたメモが見つかったことが29日、捜査関係者への取材で分かった。樋田容疑者が監視の緩い署員を見極めるために作成した可能性が高く、逃走が計画的だった疑いがより強まった。

 捜査関係者によると、メモは樋田容疑者がいた居室内で折りたたまれた状態で見つかった。留置場担当者の当直シフトがカレンダー形式で手書きされ、日付や一部の担当者の名前には印がつけられていた。この印は、樋田容疑者が監視が甘いとみていた担当者を示している可能性がある。

▼隣県の兵庫・尼崎で樋田容疑者に似た男 JR駅近く、黒バイク一方通行を逆走

 樋田容疑者は12日午後7時半ごろ、富田林署2階の面会室で弁護士と接見。同8時ごろに弁護士が退出した後、面会室のアクリル板を蹴(け)破(やぶ)り、署の裏口から逃走した。面会時間が長いことを不審に思った署員が午後9時43分、面会室の中に誰もいないのに気付いた。

 樋田容疑者が弁護士に対して「接見終了は自分から署員に伝える」という趣旨の話をしていたことがすでに判明。弁護士に先に退出を促し、面会室で1人きりになる時間を意図的につくった疑いが出ていた。

 今回、居室内で見つかったメモの存在により、逃走の計画性がより強まった形で、富田林署捜査本部は逃走に至るまでの詳しい経緯を調べている。

 

 

3,原因と対策を犯罪心理学者が考察する 

gendai.ismedia.jp

貼付け先で御覧くださいw

 

 

ブログ村参加しています。「このブログに投票」して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ