元警察官、元介護士、現看護学生のブログ

転職複数回30代男性のけーが、警察官や介護士、看護学校受験を目指す方を応援する、就活・転職支援ブログです。気になるニュースの紹介も。

警察組織におけるいじめやパワハラ(3)

皆さんこんにちは。
けーです。

 


今回もまた、警察組織におけるいじめやパワハラについてシリーズでございますw 第3回目の今回は、私が警察官時代に見たいじめやパワハラのお話、ふたつをお話しようと思います。

 


1、管区機動隊での食の強要
これは私も被害にあいましたが、きつかったです(苦笑)どういうことかと言いますと、文字通り「食の強要」なんです。吐く寸前まで食わされます。もう腹いっぱいなのに、それでも先輩方は「食え食え」言ってくるんです。まぁ、管区機動隊隊員は皆通る道らしいのですが、これはただの嫌がらせそのものです。何も得られるものがありません。いや、カロリーだけは摂取しますが。。。

めちゃ食わされた思い出のひとつ・・・、管区機動隊の勤務で施設警戒というのがありました。その昼食で出前をとるんですが、私はその時に先輩に出前をめちゃんこ食わされて、立番中に自分の顔面の血の気が引いていくのを感じました。今でも覚えています。夏なのに、冷や汗ってどゆこと!?苦笑

 

また、中隊が違う部隊の新隊員Aさんが、その分隊の先輩に食の強要にあって、激太りしてました。Aさんは4月の時点では、割とスラッとしてましたが、9月になることには、激太りしていて、本当に気の毒でした。

 

ちなみに、何年か前に大阪府警の地域課で「食の強要」があり、加害者側の人は退職するハメになってました。その加害者側の言い分としては「自分も機動隊の時に先輩にやられていた。後輩の精神力を鍛えたかった。」と言っていました。
精神力を鍛える、なんてのはうそでしょう。ただ、後輩をいじめたかっただけでしょうね。

 


2、生活安全課のAさん(30代巡査長)が上司である40代の警部補から標的にされる。
これは、何が原因でAさんが標的にされたのかはわかりません。私が見ただけでも、生活安全課の部屋で何度も罵倒されており、よく泣かされていました

f:id:k8899:20180409222612p:plain



私は本当に怖かったです。30代の男が何度も泣かされるってどんなんだ!?と思ってました。
そのAさんと2回ほど街頭警ら活動(パトカーに乗車して街をパトロール)を行ったことがありましたが、Aさんは全然おかしい人ではありませんでした。むしろ、色々な職質テクニックや交通取締テクニックを教えてくれて、とても勉強になりました。
こんなすごい人が何度も泣かされるなんて、何が起こってるんだ・・・。と当時の私はマジでビビりました。。。
私以外の人間も、このAさんが上司の40代警部補の標的になっているのは知っており、先輩と一緒にブルブルしてました。。。

 

 

 

 

今回はちょろっと短い記事でしたが、いかがでしたでしょうか。。。

警察というところは恐ろしい一面もあります。。。

 

 

 

次回はちょっと話題を変えようと思います。

警察組織でのパワハラやいじめについてはまた記事にしようと思います。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ブログ村参加しています。「このブログに投票」して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ