元警察官、元介護士、現看護学生のブログ

転職複数回30代男性のけーが、警察官や介護士、看護学校受験を目指す方を応援する、就活・転職支援ブログです。気になるニュースの紹介も。

警察学校は厳しいの?

★警察学校に入る前に買っておくべき懐中電灯3選【元警察官オススメ】★ 

www.moto-police.com

★警察官必須の腕時計とは!?【元警察官オススメ】★ 

www.moto-police.com

  

皆さんこんにちは。
けーです。

 

※2019年2月11日 更新 

 


今日は「警察学校は厳しいの?」について書こうと思います。

※警察学校がどういうところなのかは、前回の記事をご覧下さいまし。

 

k8899.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 


結論から書きますと、警察学校が厳しいのか厳しくないのかは、その警察学校の方針によります。この警察学校の方針は地方や時代によって異なります。

 

 

 

それでは、実例を元に順に述べていきたいと思います。

※個人を特定されるのを防ぐため、当ブログではちょいちょいぼやかして記しています。時代や地域とかを。。。別に法律にふれるようなヤバイことを書くつもりはありませんが、まぁ、念の為、ね。

 

 

 ~~目次~~

 

 

 

 


①私の場合

私が警察学校にいたのは2000年代後半です。おおよそ10年前です。
警察学校にいたときは、大変な毎日でした。まぁ、就職活動の段階で色々と噂は聞いていたので、ある程度心の準備をしていましたが、大変でした(笑)
警察学校にいた時は、どこの警察学校でも、多少の差はあるものの、同じようなものだと思っていましたが、時代や地方によって厳しさにけっこうな差があるというのを、警察学校を卒業し、警察署に配属されてから上司や先輩、他の地方自治体の警察学校に入ったことのある人から聞いて知ることになりました。

 

私が警察学校に入る半年前の異動で警察学校の教官のナンバー3(4?)の方が異動で新しく赴任した方だったのですが、この方がえらく厳しい方でした。
私は警察学校に学生の立場として入っていました(立場は学生ですが、給料を頂いている警察官です)。私達ももちろんその方にビビってましたが、教官の方々もビビってました(教官とは学生を指導する、30代から50代の巡査部長以上の階級の警察官です。教官として警察学校に異動になる前は、本部や警察署で警察官として勤務されていた方々です。地域、刑事、交通など・・・。教官の方々も警察人生の異動の一つとして警察学校に教官として異動してきたのであります。別に指導のプロってわけじゃないですw)
で、新しく赴任してきたこの方の方針により厳しくなったとのことです。あくまで噂ですが・・・。ナンバー1の人でなく、このナンバー3(4?)の人が厳しくする、という指導方針を執れるのかどうかはわかりません。あくまで噂です。

 

私が警察学校に入る半年前の先輩方の世代では、大卒採用組及び大卒以外採用組のあわせて約400人の方々が採用されたのですが、卒業するまでに、何と約100人の方々が退職されたんだそうです。※この数字は、私が警察学校を卒業し、警察署で勤務している時に、その世代の先輩から教えてもらったものですので、おおむね正確だと思います。
驚きですよね!採用人数が多かったので、退職数もそれなりに出るとは思いますが、いやいやw 100人も警察学校の時点で退職したのかと!!
この話を教えてくれた先輩と話してた時も、先輩と「そんなに辞めさせて何がしたいんだ。無駄に厳しいよね。」と苦笑い気味に話していました。

ちなみに、私の同期は採用者の2割近くが警察学校にいる時に退職しました。退職していった方々は、「要領は良いけど、影で横着する人」「本当にデキが悪い人」「警察学校という体育会系の気質に馴染めなかった人」「転職者で、警察官が公務員だからという理由で警察官になった人」こんな具合ですかね。

影で横着するのがバレたら教官方から的にされ、集中的に狙われます!!マジでね。。。私なんかよりも優秀な人間が何人も散っていきました。。。


警察学校は、小中学校みたいにクラス編成があります。人数は採用される規模によって違いますが、多くても40人ぐらいまでだと思います。で、担任教官という制度があります。小中学校みたく担任があるんです。
この担任によってクラスの厳しさが決まります。厳しい担任教官は、課題をたくさん出したり、運動場を走らせまくったり。。。
これは本当に大変さに差が出ます。。。。

 


②私の同期のお兄さんの話

警察学校の私の同期の方に、彼のお兄さん(Aさんとします)も警察官であると教えてもらいました。Aさんが警察学校に入ったのは、世代的には私の世代よりも10歳近く前の世代とのことでした。私が警察学校にいた時からすると、Aさんの時代は激ユルでした(笑)

例としてあげると、、、

・点呼に参加せずに寮でサボっていてもバレない。
警察学校では、朝と就寝前に点呼があります。グランドや体育場で行います。警察学校にいる間は、体調不良等を除き、基本的には点呼に参加しなければなりません。一度に全員が集まるので数百人規模です。
しかしAさんは、めんどくさいからと言ってたまに点呼をサボっていたそうなんです。文面だけ見ると大したことなさそうですが、私の世代は人数確認に細かったり、罰則等が色々と大変だったので、この話を聞いた時は信じられませんでした。

・早朝の駆け足もそれなり程度
先程述べた、朝の点呼の後には各クラスごとに運動場を走ります。1500mくらいですかね。この時、掛け声を大きな声で出しながら走るので、大変でした(笑)私の時は。
しかし、Aさんの世代では、そこまで全力で走らず、掛け声もカタチ程度のものだったんだそうです。

・空気がピリついていない
これは実際に警察学校に入った人でないとわからいものなんですが、学生は「いつ教官に怒られるか」ビクビクしながら毎日を過ごしていました。何かことあるごとに教官が因縁をつけてきて、走らされたり課題を課せられるんです。
が、Aさんの世代では、考えられなかったそうです。教官は上司にあたる立場なので、もちろん敬意を払いますが、萎縮するほどでは無かったとのことです。

 

Aさんは弟である私の同期から今の警察学校の話を聞いて、けっこう驚いていたらしいです。今はそんなに厳しいのかと。

 


③他の都道府県の警察学校と比べると

現職の警察官でも、他の都道府県の警察官採用試験に合格すれば、今勤めている警察を退職し、他の警察に転職できます。
どういうことかと言いますと、、、大学卒業時に高知県警に採用されたが、地元は兵庫県なので、やはり地元に戻りたい。年齢制限に引っかからないので、兵庫県警察官採用試験を受験し、内定を頂いた。 こんな感じです。
これ、毎年ちらほらいるみたいです。大学入学で地元を離れ、都会の警察に就職したけど、結婚や両親が高齢で地元に戻りたい、なんて人がいます。そういった方々がやるみたいです。

で、私の周りにもいました。

その方々に話を聞くと、私がいた警察の警察学校の厳しさに面食らったとことでした(笑)
その方々が他の都道府県の警察に採用されて、そこでの警察学校に入ったのはほんの数年前で、警察学校の中身もそこまで変わらないだろうと思っていたらしいですが、厳しさが全然違ったとのことでした。

 


④私よりも上の世代の方の時

私が警察署に配属されてから、私よりも20歳くらい年上の方と、警察学校の思い出話になったことがあります。その方をBさんとします。このブログを書いている今現在では50代半ばくらいでしょうか。Bさんが警察学校にいたのは1990年前後です。
Bさんに私の警察学校での体験談をお話すると、「今はそんな厳しいの?厳しいというかただの理不尽だよな。なんか意味あんのかなぁ、そんなことして。」半ば呆れ気味に苦笑いしてました。

また、私が交番時代にお世話になったCさん。Cさんは今はもう定年を迎えて退職されています。70歳ぐらいではないでしょうか。Cさんも私の警察学校の体験談に驚いていいました。最近はそんなに厳しいのかと。

 

 


長くなりましたが、時代や地方によって厳しさが違うようです。しかも結構な違いがあります(笑)

 

 

 


⑤最近の警察学校は??

以下の記事は、最近の警察学校は厳しいのかどうか私なりの見解を記したものです。数年前に現職警察官の先輩から聞いた実話も記してあります。 

k8899.hatenablog.com

 

 

 

⑥日本全国の警察学校の退職率一覧!!

以下の記事は、警察学校のパワハラ記事について解説しているものですが、記事内に日本全国の警察学校の退職率の一覧があります。あなたの街の警察学校は大丈夫!? 

www.moto-police.com

 

 

 

 

⑦警察学校、やってられない!!と思った方へ

以下の記事は警察官を退職した私が、どうやって次の仕事探しをしたのかについてです。全くの未経験者が介護士やれるのか?低賃金といわれる介護業界での高給与の介護求人の探し方!についてまとめたものです。特技、資格無しの私が、警察官からどうやって介護士へ転職したのか、私の実体験に基づいた記事です!! 

www.moto-police.com

 

これから警察官を目指そうとしている方々の参考になれば幸いです。 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

ブログ村参加しています。「このブログに投票」して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ