【元警察官】宮城慶次の警察官採用試験合格ブログ

【警察官採用試験合格アドバイザーブログ】元警察官の宮城慶次が、警察官を目指す方を応援する就活・転職支援ブログです。

【志望動機】合格者に伝授した志望動機です。刑事課を題材にする場合はこう書く!【警察官採用試験】

こんにちは。
本日は、警察官採用試験の志望動機の作成例をご紹介します。
題材として選ぶのは『刑事課盗犯係』です。
面接カード作成時や面接対策に活かしていただけたらと思います。

~~目次~~

 

1,刑事課盗犯係を題材にした志望動機の作成例

『私は盗犯係の刑事になって窃盗犯を検挙し、皆が安心して暮らせる街をつくっていきたいです。なぜ盗犯係の刑事になりたいのかといいますと、刑法犯認知件数の内訳では窃盗犯が大多数を占めているからです。盗犯係の刑事となって、窃盗事件を1件でも多く解決することが、国民が安心して暮らせる街づくりにつながっていくと信じています。』

このように志望動機や、やってみたい仕事をつくっていきます。ここで考えて頂きたいことがあります。なぜ警察官になりたいのか、なぜ刑事になりたいのか、というお題に対して、単に「かっこいいから」「昔から刑事に憧れていた」という受験生と、現在の日本の犯罪発生状況を分析したうえで、将来自分がどういった仕事をしたいのか?刑事を選ぶ理由をしっかりと考えることができている受験生と、どちらが面接官にとって魅力的に映ると思いますか?

私は後者だと思います。なんとなくのイメージで語るのは誰にだって言えますが、ちゃんと根拠をもって、現在の日本の犯罪の発生状況をふまえた上で、刑事になりたいと言えるというのはしっかりと情報収集する能力があう人であるな、考察力がある人だなと面接官に思ってもらうことができるのではないでしょうか。これから警察官になろうとしている人であれば、現状をふまえた上での志望動機ややってみたい仕事の構築をしていきましょう。

犯罪の発生状況の統計については、警察庁のホームページに記載されたものを参考にしています。刑法犯認知件数は10年以上減少傾向にあります。2013年には約130万件あったのが、2021年には約56万件にまでも減少しています。56万件の中で約38万件が窃盗犯が占めています。

 

2,ご相談はTwitter、LINEからお気軽にどうぞ

気になることがありましたら、お気軽にどうぞ。
私のTwitterアカウント、LINEアカウントです。
こちらからご連絡ください。

twitter.com

 

line.me

 

 

3,警察官採用試験の勉強方法はこちら

www.moto-police.com

www.moto-police.com

www.moto-police.com

www.moto-police.com

www.moto-police.com

www.moto-police.com

www.moto-police.com

 

4,Youtubeで動画投稿しています

www.youtube.com

私のYoutubeチャンネルでは警察官採用試験受験生にむけて、志望動機作成テクニックや過去の合格者体験談、警察官のお仕事あれこれやプライベートについてなど、警察官採用試験受験生にむけた動画を投稿しています。

これから警察官になりたいとお考えの方にはぜひともご覧頂きたいです。

 

 

◆◆関連記事◆◆

www.moto-police.com

www.moto-police.com

www.moto-police.com

ブログ村参加しています。「このブログに投票」して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ