元警察官、元介護士、現看護学生のブログ

転職複数回30代男性のけーが、警察官や介護士、看護学校受験を目指す方を応援する、就活・転職支援ブログです。気になるニュースの紹介も。

警察から介護業界へ転職する際の4つのメリット、デメリット⑤

皆さんこんにちは。

けーです。

 

 

今まで 警察官から介護士へ転職するにあたっての、メリット、デメリットシリーズを記事にしてきました。これまでは警察官から介護士へ転職するにあたってのメリット面に関して書いてきました。今回からはデメリット面に関して書いていこうと思います。

 どうしても暗い話が多くなってしまいますが、やはり現実を考えると書かざるを得ないといいますか、当ブログを御覧頂いている方の中には警察官からの転職先をお探しの方もみえると思いますので、やはりメリット、デメリットともに書くべきだと思ってます。転職活動の参考にしていただければと思いますので。

ですので、デメリットシリーズを始めようと思います。

 

 

 

 ~~目次~~

 

 

 

 

 

 

 

①今回は1つ目のデメリットについてです。

 

1,メリット①転職がしやすい

2,メリット②今後も需要がある業界

3,メリット③再就職もしやすい

4,メリット④仕事上の出費がかなり少ない

5,デメリット①給与水準が低い★★介護業界の高給与の探し方★★ 

6,デメリット②離職が多い

7,デメリット③まったくの未経験

8,デメリット④職場の人間関係

 

 

メリット1~4についてはこちらから~

1,メリット①転職がしやすい

www.moto-police.com 

2,メリット②今後も需要がある業界

www.moto-police.com 

3,メリット③再就職もしやすい

www.moto-police.com

 

 

当たり前ですが、人それぞれの主観てものがあると思うので、この記事の内容に反論もあるかと思います。あくまでも、一個人の転職体験談としてご覧頂ければと思います。私の感想ですw

このシリーズ(?)では私が警察官から介護士へ転職して感じたメリット、デメリットをそのまま載せていこうと思います。細かく見ていくとキリがないので、特に私が感じたことを4つずつを順次記事にしていこうと思います。

警察官をいきおいで辞めちまったけど、次の仕事どうしよう?なんて方に、少しでも転職活動の参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

②【重要】しかし、その前に。【重要】

 

本題に入る前に一言言わせて下さい!!

 

 

 

 

f:id:k8899:20181124111907j:plain

 

 

 

 

 

わかってます!!警察官を好き好んで辞めているわけではないということを・・・。

 

 

私もよく言われました!

「えっ!?なんで警察官辞めちゃったの!?もったいない!!」

「誰にでもやれる仕事じゃないのに、どうして辞めちゃったの!?」

「他に警察官ほどいい仕事なんてそう簡単に見つからないよ!!」

 

 私は警察官を退職して5年ぐらい経過しており、さすがに最近は言われることはなくなりました。最近は「前職は介護士です」と名乗っていますw ふれてませんw 話が長くなるからw

 

 

というかもうここ何年かは警察官だったということを人に話してませんw

私は今年の4月から看護学校に通っており、1年生40人のクラス(38人が高校出たての若いこですw)で日々精進してますw そんなクラスのメンバーには前職が介護士ということしか話してません。だって、、、元警察官だなんて話したら「どうして辞めたんですか?」「なにかやらかしたんですか?」「もったいなくないですか?」なんてクソみたいな質問の嵐にあうのは目に見えてますからwww 先生方はご存知の方が多いようで、やっかいなことに、勝手に2年生の先輩に話していたようで、2年生の先輩から、私が元警察官だということに関して聞かれたことがありますw さらっと逃げましたけどねw

 

 

だいぶ話がずれましたねw

話を戻します。

 

 

そう、警察官を好き好んで辞めてる人なんていないはずです!!

 

 

「警察官拝命して3年たった。石の上に3年てことで、そろそろ辞めようかな~」

「警察学校、地域警察官、機動隊と合計7年やって俺ももう30歳。区切りいいし、辞めるか!」

「なんか、飽きたし辞めるか!」

こんな人はよっぽどいないと思いますw 中にはいるかもですがw 

 

 

警察官を続けるかどうか、悩んで悩んで悩んで、苦しんで苦しんで苦しんで、退職という選択をする人が多いと思います。

 

 

 

めちゃくちゃな上司や先輩にさんざんいじめられたり、タダ働きの休日出勤したりして体力的にも精神的にもフラフラになって・・・。最悪の場合は・・・。

なんてことよりも!!そんなことになる前に!

辞めてしまいましょう、警察官を!!

 

 

 

 

 

そういった現職警察官のためになればと思って当ブログを運営しています。

ですので、

『警察から介護業界へ転職する際の4つのメリット、デメリット』シリーズなんて記事を作ってますが、わかってます。警察官から介護士へ転職するなんて、デメリットのほうが大きいということを。。。

でもね・・・、心身を壊してしまうほど、人生を棒に振ってしまうほど大切な仕事なんてあるんでしょうか?もしそうなるんであれば、、、転職しましょ!!

 まぁ、そこまで重くないにしても、警察官からの転職をお考えの方全般を対象としてます。

 

 

③いよいよ本題、『5,デメリット①給与水準が低い』 

5,デメリット①給与水準が低い でも・・・??

f:id:k8899:20181124111720j:plain

 

介護の仕事を探す前に気になることがあると思います!

もちろん、職場環境、人間関係、認知症高齢者とのコミュニケーション、排泄物の処理・・・ など色々と気になることはあると思いますが、大半の人が気にしているのはズバリ給与だと思います!!

 

介護士は他の業界に比べ、給与が安いとよく言われていますが、果たして本当でしょうか!?皆さん何を根拠にその話をしているんでしょうか!?介護の給与が安いというイメージから、根拠も無いことを口にしてはいないでしょうか!?

 

 

先に結論から言います!

介護業界全体を見ると、介護士の給与は低い水準にあるが、ちゃんと探せばそれなりの給与を得られる事業所はある!!

これは介護士として4年近く働き、介護業界内で転職してきた人から色々と情報交換を続けた、私なりの見解です!!

  

 

 

介護士(介護職員)の給与が決して極端に低いわけではないという根拠として、厚生労働省の調査結果を提示します。黄色のとこが介護職員(介護士)の平均給与額です。

f:id:k8899:20181124151048j:plain

下記リンク先に上表があります。

www.mhlw.go.jp

 

上の表と次の表を比較してみてください。もちろん大企業の30代半ば以降の給与には敵いません。てか大企業に勤められる人なんてごく一部ですからね。。。しかし、中小企業にお勤めの方々と比較すると、そこまで圧倒的に介護士の賃金が低いというわけではないというのがわかると思います。

 

 

f:id:k8899:20181124132017j:plain

下記リンク先に上表があります。

www.mhlw.go.jp

 

 

 

で!

 

 

実際にネットの求人情報サイトをご覧になればわかると思いますが、介護のお仕事を探しても給与が低いところが多いです。これが現実です。しかし、中には決して給与が悪くないじゃんていう事業所もあります。

では、そういった事業所はどうやって探せばいいんでしょうか?

 

④,高給与の介護求人の探し方【私の実体験】

以下の記事にその具体的な方法を記しました。私の実体験をもとにしたものです。警察官から介護士へ転職した私の、高給与の介護求人の探し方です!! 

www.moto-police.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ブログ村参加しています。「このブログに投票」して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 専門生日記ブログ 専門学校生(医療・福祉)へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ